【プノンペンに二泊三日】発展し続けるカンボジア !驚きがいっぱい!

LIFE
この記事は約5分で読めます。

f:id:na_yu_09:20190430102615j:plain


やっと週末!ということでカンボジアの首都プノンペンにやってきました。

KITの週末はちょっと特殊で、金曜の午前は授業があり、午後はオフ。土曜はオフ。日曜は午前がオフで、午後に授業があります。

まとめたら2日分ですが、完全にオフなのが土曜だけです。

一日目

午後の授業が終わると、大急ぎで荷物の用意をしてバスへ。一気にプノンペンへ向かう生徒がバスに乗り込むので、早めに行って席を取らなければなりません。バスの中暑かった。。。

キリロムからプノンペンには頻繁にバスが出ていて、年間で18回くらい行くことができるような仕組みになっています。

学費に含まれているので、追加料金はいりません

行きたいときに専用サイトで予約して、当日バスに乗り込めばオッケーです。専用サイトはキリロムの学生がつくったものです。キリロムのあらゆる場所やサービスには、キリロム生が手掛けたものがたくさんあります。

バスに乗っていて気づいたのが、「カンボジアの交通ルールって超アバウト」

カンボジアは信号が極端に少なく、車線もあってないようなものです。

前の車が遅ければ平気で追い抜くし、クラクションもめちゃくちゃ鳴らします。

基本的にはバイクやトゥクトゥクの交通量が多いです。

私は高校の時、地理と世界史選択だったのですが、東南アジア、特にベトナムでバイクが多いことを地理で学んで、実際にカンボジアでそれを体感することができました。

ティア
ティア

想像以上に多かったよ!

やはり、教科書で読んで学ぶのと、実際現地で体験するのは全然違います。

 ヘルメットかぶってない人多いし、赤ちゃん抱えて二三人で乗ったりしています。

大気汚染もすごい。最初は目が痛くなりました。マスクは必須ですね。私はマスク大嫌い人間なので、ほとんどつけないのですが、今回はひどすぎてマスクを購入。

KITのプノンペンのドームについたあとはイオンモール2へ。

KITはプノンペンに学生が泊まれる寮を所有しています。学生は事前に担当の人に一言言っておけば、満員でない限り泊まれるので、とても便利です。しかし自分のキリロムの寮が一番落ち着きます。

プノンペンにはイオンが2つあります。3つ目もできる予定だそうです。

イオンモール2はアジア最大級らしく、めっちゃデカいおそらく一日では回れません。

プノンペンについたのが夕方だったので、時間があまりありませんでしたが、生活必需品などをまとめ買い。

夕ご飯は久しぶりに日本食を食べました。私は海鮮丼を頼むことに。

タイ米じゃなく、日本米が食べられてよかったです。 他にも寿司やうどんなどいろいろあって、なんだか懐かしかったです。日本に滞在していなくても日本食が食べられるのはいいですね。値段もそんな高いわけではないので手軽に食べられます。ラーメン屋さんや焼き肉店などもありましたが、日本と料金はそんな変わらない印象でした。

閉店前にスタバでゆっくりしました。

だいたいメニューは一緒でしたが、ちょいちょい違って値段もまあまあ安めでした。

f:id:na_yu_09:20190430145410j:plain
pomegranate味、多分日本にはないはず

その後、ドームに戻って就寝。疲れていたので爆睡。

二日目

朝八時にホスピタのカンボジア人のみんなと合流して、オルセイマーケットに行きました。オルセイマーケットは服や食品などがそろっている市場です。観光地としてはセントラルマーケットが有名です。オルセイマーケットはどちらかというと現地住民向けの市場ですが、地元の人の生活が垣間見えるのでぜひお時間あるときは行ってみてください!

正直、最初はスリとかいると聞いたので、怖くてずっと荷物握りしめてました(笑)

一個の建物の中に4平方メートルくらいの小規模な店がたくさん並んでて、二階は服、一階は食品や生活用品などが販売されていました。

ヴィトンとかシャネルの偽物の服とか靴が売ってあって、東南アジアらしいなと思いました(笑)

日本では絶対使わないけど安いので、数着購入しました。

価格は店によりますが、私はTシャツは2.5ドル、ジーンズは7~8ドルで買いました。

品質は着た感じ悪くないです。

試着はできないので、自分のサイズを事前に知っておくことを、お勧めします。

東南アジアの人って脚めちゃくちゃ細くてスタイル抜群なので、売ってあるスキニーがマネキンが履くような細いものばかりでした。

私と同じ寮の子が交渉がうまく、半額にしてもらったりしてすごくいい買い物ができました。

オルセーマーケットの店の人は英語がほとんど通じないので、カンボジア人の友達がいると心強いし、まけてもらえます。外国人の観光客だとぼったくられる可能性が高いです。言語が通じない場合はスマホで数字を見せたりして交渉するとうまくいきます。

たくさん買い物をしたあとはイオンモール1へ。ここで生活用品などを買いました。

その後はカンボジア人とは分かれて、makroという大型スーパーへ。雰囲気はコストコみたいな感じです。

荷物の持ち込みが禁止で、入り口で預けなければなりませんでした。

コストコ行ったことある人はイメージがつくと思いますが、量が多くてやすいです。お菓子などをたくさん購入しました。

f:id:na_yu_09:20190430145031j:plain
makroで買ったもの

カンボジアは基本買い物袋が有料になっています。マーケットなどでは有料ではないのですが、イオンやマクロなどのスーパーなどは有料のところが多いので、エコバッグを持っておいたほうがよいです。

ドームで一段落したあとは、オルセーマーケットに戻って夕ご飯。

名前はわからないのですが、フォー的なものを食べました。

f:id:na_yu_09:20190430145312j:plain
エビがのった麺

その後はドームでゆっくりして寝ました。

三日目

朝8時にバスに乗ってキリロムへ。

ついて二時間後くらいには授業で、正直とてもしんどかったです。

いろいろびっくりしたこともありましたが、キリロムでは体験できないことが、プノンペンでは体験できます。

Twitterやインスタで大学生活やカンボジアについて発信しているのでぜひチェックしてみてくださいね!

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

また投稿します!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました