【キリロム工科大学】ホスピタリティ経営学科のインターンは?

UNIVERSITY
この記事は約4分で読めます。
f:id:na_yu_09:20190625232425j:plain
友達が撮影した夕焼け

さて、ホスピタリティ経営学科は,

インターンが本格的に始まりました。

KITはキリロムパインリゾートの敷地内にあります。

ホスピタの一年次のインターンは、

このリゾートで行われます。

お客様が多い土日に行っています。

受付(フロントオフィス)

レストラン

アクティビティ(学生食堂のモリンガに変更予定)、

ハウスキーピングの4つの部署にわかれ、活動しています。

私は先週、受付のインターンが終わりました。

三週間という短期間ではありますが、

たくさんの学びがありました。

基本的に、お客様の対応、案内、掃除などをしたり、

実際に働いている人に

オペレーションについて教えていただいたりしています。

時間は8:00から16:00です。

インターンが終わると、

1日を通して見つけた改善点や提案などを先生に提出します。

自分の意見がすべて通るわけではありませんが、

実際働いている人が見落としているところを指摘することで、

リゾートをより良くしていくことができます。

ただ、一つ問題があります。

リゾートで働いているカンボジア人のスタッフから、

常になにかをよくしよう、とか、変化がほしい、

というような雰囲気が感じられないため、

なにかを一つ変えようとするだけでも

想像以上の労力が必要になります。

これがキリロムでインターンをするにあたっての

最大の課題になのですが、

逆になにか小さなことでも自分の力で変えられると、

すごい達成感を味わうことができます。

今回は、受付の建物に貼り出されていた

“PLEASE DO NOT MAKE NOISY”という英語が

ずっと気になっていたので、

正しい英語にするよう直接マネージャーに提案しました。

小さなことなのですが、

やはり外国の方からすると

「ここのリゾートの人は英語もろくに話せないのか」

という印象を与えてしまいますし、

気になる人は気になるので取り替えたいな~と

ずっと思ってました。

誰が作ったものかわからなかったので、

目上の方に英語の文法間違いを指摘するのは

少し気が引けたのですが、

正しい英語に直すことができたので満足しています。

小さなことからでも、

こうやって少しずつ変化が起こっていくと

いいなあと思っています。

お客様の多くはカンボジア人なので、

なかなか活躍できない場面もありますが、

インターンシップのパートナーの友達が

翻訳してくれるのでとても楽しくやっています。

ホスピタリティ経営学科は、

ホテルの受付やベルボーイなどになることが

目標の学科ではありません。

英語名は

International Leaders in Hospitality Managementですが、

その名の通り、

経営者やマネージャーを育成する学科です。

ではなぜ受付だったり、

レストランのウェイターなどを体験するのかというと、

その人達の苦労を知らないと経営はできないからです。

なんでもまずはその人達の立場になって、

改善点などを洗い出す事が必要です。

私は来週から三週間レストランで働きますが、

レストランでのインターンを終えた友達の話を聞いている限り

とても大変そうでした。

しんどそうですがいろいろなことを吸収しようと思います。

他の活動

また、ここ一ヶ月、

ビジネスリテラシーの授業の一環で

フードトラックプロジェクトのリーダーとして

活動を行っていました。

フードトラックは、

よく日本でもお昼とかになると

サラリーマンなどが並んでいるのを見かけるので、

身近な存在だと思います。

このプロジェクトはまず、

雨季になると

食堂までの道が川みたいになって行くのが億劫になるので、

キャンパスで食事をカジュアルに済ませることができることと、

レストランからの距離が遠いお客様が

レストランで食事を済ませなくてもよくなるように

という2つの目的を掲げ、活動を開始しました。

しかし、

リーダーとして私の力不足で

うまく話し合いなどをまとめられず、

失敗とまではいきませんが、

食べ物を時間どおりキャンパスまで運べなかったりして

なかなか大変でした。

しかし、すごくいい経験になり、

リーダーとしてプロジェクトのまとめ方を良くしていくには

どうすればいいのか、

みんなが納得行く結論に至るにはどうすればいいのか、

考えるきっかけになり今後に生かしていこうと思いました。

また次にプロジェクトがある(予定)なのでまた頑張ります。

同じ文化の人たちでプロジェクトを行うのも難しいのに、

異なる文化的背景や国民性を持っている人たちの中で、

問題が次々と出てくる中でもプロジェクトを進められたのは

よかったです。

f:id:na_yu_09:20190625232518j:plain
アイス。値段は忘れましたがめちゃめちゃ安い

また更新します!

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました