【浪人経験者が語る!】スキマ時間を有効活用する方法オススメ6選!

STUDY
この記事は約7分で読めます。

受験生やテスト前の学生は、

『もっと時間がほしい』

『もう少し時間があればもっと勉強できたのに』

とよく考えがちだと思います。

そこで今回は、

現役・浪人を経た私が、スキマ時間の有効活用について紹介しようと思います!

実際、浪人時代は毎日 10時間くらい勉強しており、

食べる時間やお風呂の時間も削って勉強していました。

常に勉強していたからといって成績が上がるわけではありませんし、勉強していた私も志望校に落ちてしまったので、偉そうに言えないのですが、

スキマ時間を使う癖をつけると、

様々なことが効率的にできると思うので、

必要なスキルの一つです!

この記事を読めば・・・

好きなことをする時間が増える

効率的に勉強ができる

時間を有効活用する癖がつく

スキマ時間を有効活用する手段6つ

お風呂に入っている時間

通勤・通学時間

休み時間

トイレ時間

待ち時間

寝る前

結構ありきたりかもしれないですが、

それぞれのスキマ時間でこんなこともできるんだ!

というのを紹介しているのでぜひ読んでみてください。

ティア
ティア

気になるやつだけでも見てみてね!

手段1:お風呂に入っている間

皆さんはお風呂、どれくらい入りますか?

好き嫌いが分かれるので、

『そもそもあんまり入らない』

『お風呂好きすぎて1時間くらい入ってる』

という人もいるでしょう。

短くても長くても、お風呂って意外といろいろできます。

参考書を読む

え?お風呂で参考書読んだらぐちゃぐちゃになるじゃん・・

そう思われた方もきっといるはず。

しかし、参考書は別にきれいである必要性はないはず!

単語帳でも、分厚い参考書でもいいので、

お風呂で読んでみましょう!

最初は抵抗あるかもしれませんが、

慣れるとどうってことないです。

私は、タオルを持っていって、

お風呂の蓋を半分は閉めて、その蓋の上にタオルを置いて本を読んでいました。

いつの間にか時間がすぎますし、代謝もよくなるので、

一石二鳥です!

一度、お湯に本を落としたことがありますが、寝なければ大丈夫です笑

You Tubeを聴く

個人的にすごくオススメなのが、

You Tubeを聴くこと!

見るのではなく、聴くんです!

聴くことの利点として、

聴きながら作業ができる

情報を整理できる

の二点があります。

まず、『聴きながら作業ができる』

これは、特に女子だとわかると思うのですが、

お風呂って血行が良くなっているのでマッサージなどをすることってありますよね?

勉強しながらマッサージして自分磨きもできるって最高じゃないですか?

私はよく、You Tubeで世界史の動画を聴きながら、

マッサージをしていました!

自分磨きの時間もできるので、最高です。

二点目は、『情報を整理できる』

聴くことに集中すると、書かずに自分の脳にインプットしなければならないので、必死に覚えようと脳がフル回転します。

このとき、聴いたことすべてを覚えることは不可能なので、

『どの部分が大事だったか』

『自分が覚えておくべきことはなにか』

を考えて、聴くことができるようになります。

つまり、重要なことを自分で把握して、整理することができるようになる。ということです。

これは大学や社会で生きていくにあたって必要な能力だと思うので、お風呂でこのスキルが身につくならやって損はしないと思います。

ちなみに私がお風呂で聴いていたのはTEDです。

英語学習になると同時に、リスニング対策、最近の学問的なトレンドを把握するために聴いていました。

実際効果があって、

東大二次試験の数日前に聴いたTEDの内容が、

東大英語のリスニングの問題にでてきて興奮しました笑

手段2:通勤・通学時間

これは定番ですね!

通勤・通学の時間は人それぞれですが、一時間以上かかる人もいると思います!

その時間、なにもしないのはもったいない!

立っていても、座っていても、できることはたくさんあります。

参考書を読む

電車に乗ると、学生はこれやってる人多いですよね!

特に単語帳は短い間でもできるのでおすすめです。

また、友達がその場にいるのであれば、

お互い問題を出し合ったりするのも楽しいですよ!

スマホで勉強

最近は勉強アプリがたくさんあります。

『単語帳開くことができないほどギュウギュウ・・』

そんなときはスマホで勉強しましょう!

最近は単語アプリだけでなく、

勉強動画を配信しているアプリなど、充実しているので、

自分に合ったアプロを探してみましょう!

敢えて何もしない

私はこれでした笑

受験期直前は、単語帳を眺めていましたが、

秋までは敢えてなにもしないことも多々ありました。

理由は、

『通学の時間は自由の時間にしたかったから』

好きな音楽を聴いて窓の外を眺めたり、

友達と喋ったり、

人間観察をしたり・・・

通学の時間は勉強せずにリラックスすると決めていました。

たださすがに直前期は、時間が惜しかったので、

ひたすら勉強していました。

手段3:休み時間

授業と授業の間って10分くらいの休憩がありますよね?

ここでちょっと友達と話したり、スマホ見たりすのももちろんありですが、このちょっとの時間の積み重ねが、一時間、二時間・・・になっていきます。

オススメは、

単語帳を少しでもいいから見る

終わったばかりの授業の復習をする

次の授業の予習をする

です。

特に授業の復習。予習が効果的で、

復習をすることで、授業中には出てこなかった疑問点が見つかったり、もっと時間をかけた復習が必要な部分が把握できたりします。

また、予習をすることによって、

授業中に集中して聞かなければいけないポイント、自分が予習段階であまり理解できていない部分の把握ができておすすめです。

また、お昼休みなど、少し長めの休み時間も有効活用しましょう。

予備校時代、お昼ごはんを急いで食べ、

友達と自習室に直行して、

30分くらいの短い間ではありましたが集中して勉強することができていました。

特に直前期は、昼休みも自習室は結構人がいました。

手段4:トイレ時間

三上という言葉を聞いたことはありますか?

欧陽脩の言葉で、

「余、平生作る所の文章、多くは三上に在り。乃ち馬上枕上(ちんじゃう)・厠上(しじゃう)なり」

https://kotobank.jp/word/%E4%B8%89%E4%B8%8A-513767

つまり、文章を考えるのは、

馬に乗っているとき・寝床に入っているとき・便所に入っているときがよいということです。

現代で馬に乗ることはあまりありませんが、

通勤・通学に当てはめれば良いと思います。

トイレは勉強するにうってつけの場所だと思います。

なにか覚えなければいけない事項を付箋など書いて、

壁に貼ると嫌でも覚えてしまいます。

オススメなのでぜひ試してみてください。

トイレでスマホをいじる人もいるみたいですが、

トイレは菌がたくさんいる場所ですし、

衛生的に良くないので私はあまりおすすめしません。

ちなみに私は、

元素周期表や英単語、世界史の覚えたいことを貼って覚えていました笑

手段5:待ち時間

友達と約束していて、待っている時間など、何をしていますか?

たいていみんなスマホをいじっていると思います。

しかし、この待ち時間も貴重な時間

単語帳や単語カード、覚えるものを書き連ねた紙でもいいので、

ちらっと見れて重たくないものを持っていきましょう。

手段6:寝る前

寝る直前に復習すると記憶に残りやすいというのは、

結構多くの人が知っていると思います。

先程の『三上』にもあったように、

寝る前の時間は貴重な時間です。

寝る直前の数分でもいいので、

その日の授業の復習をしましょう。

次の日のテストの勉強でも良いです。

とにかく記憶に残っておいてほしいものを短時間でも見ると効果的です!

まとめ

いかがでしたか?

ここでもう一度まとめると、スキマ時間は

  1. お風呂に入っている時間
  2. 通勤・通学時間
  3. 休み時間
  4. トイレ時間
  5. 待ち時間
  6. 寝る前

です。

勉強だけでなく、他のことにも有効活用できるので、

スキマ時間を利用して、自分の自由な時間をどんどん増やしていきましょう!

また更新します!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました